WORKS

施工事例

鉄骨塗装

施工のコメント

① 素材の表面に発生した錆や塗膜の剥がれを専用工具やサンドペーパーによりケレン作業を行います。

 

② 必要に応じて下地処理を行い、さび止め塗料を下塗りで塗装致します。

 

③ 上塗り塗料によって、中塗り、上塗りを行います。

 

鉄部用塗料について

鉄部用の下塗り塗料はモルタル外壁やスレート屋根などに使用するものと異なり、一般的には錆止め塗料と呼ばれる塗料が下塗り材になります。

錆止め塗料にも種類が沢山あり、1液型、2液型、そして水性型から弱溶剤、強溶剤と種類が豊富で、

元々素材に行われている塗料の種類や金属面の種類のよって、最適の下塗り材を選定する必要がございます。

 

錆止め塗料(下塗り材)の種類

主に油性系(1種)と合成樹脂系(2種)、エポキシ樹脂系(3種)、水系(4種)の4種類に分類され、

建物外部での改修工事では一般的にエポキシ樹脂系の塗料が最も多く使用されています。